セブ島通訳
セブの現実を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジプニーは、生活必需品
7年前空港で働いていた時、朝5時からの仕事
でしたので、3時半に起きてから、冷たいシャワーを浴びて、ジプニーに乗ってマクタン空港迄
通いました。早朝のジプニーですと
スペシャルジプニーがあり、ボーディングハウスの近くから乗って通いました。運賃は14ペソでした。このジプニーは、メプサ迄直行です。
最初は慣れるまで、怖さでいっぱいでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

ビサヤ語マスター
ビサヤ語の取得は、正直きつかったです。
Northwing cafeで働いていた時に
私だけが日本人でした。毎日フィリピン人と
仕事し生活して来ました。
テクニック何かありません。その環境に
入り込んで、覚えようとすれば
覚えられちゃう物何です。
生活も勿論フィリピン人と同じ
給料も同じでした。
働いていた時のフィリピン人のマネージャーに
色々な所へ連れて行って頂きました。
今は、琴のマネージャーです。
ビサヤ語の覚え方は、ひたすら単語を
ノートに書きました。それと会話を良く聞きました。あの時があったから今があるのです。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

7年前の出来事
今から7年前くらいになるが、空港に
Northwing cafeがあり、そこで働いて
いた時の話だが、私は現地の人と同じ給料だった
あの時で1日働いて267ペソ、月にして8,000ペソ
貰えば良い方だった。勿論交通手段も
ジプニーで通い、家もフィリピン人と同じ
ボーディングハウだった。同じ様に働いて行く中で、お金が無かった私に対してフィリピン人は
差別をしなかったのである。同じ様に、受け入れてくれて、同じ様に扱ってくれた。
フィリピン人のマネージャーも良くしてくれた
あの時が無ければ、今の自分も無かった。
セブ島で簡単に生活して行くのは難しい事である
フィリピン人支えが無ければ生きて行けなかった
だろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

イ二ット オーロ(いらだっていること)
フィリピン人とのビジネスの方向には、上手く歩みよれないことがある。
1.プライドだけの高いフィリピン人、理解しない、我侭、
2.経営者だと思っている
3.徐々に態度が変わってくる
ビジネスの大きさが大きくなれば成るほどリスクも大きくなってくる。
私も今までに何人くびにしたことか。セブ島でまともな人種を探すとしたら難しい。
そして労働局に訴えられて、しかし私は怖がらなかった。正義は勝つ!!
それより、銃を突きつけられたときは流石に笑いが止まった。
てな訳で、フィリピン人を雇うのは難しい。しかしルールを守れない人とは頑固して戦っている
嫌われようが何を言われようが気にしない。分かるまで何度も同じ事を言う!!
それが私にとっての成長となる。


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村



ゴマすりも必要な手段
フィリピン人を使うのは非常に難しい。
怒鳴れば、不貞腐れやる気を無くし
次の日は退職なんて良く聞きます。
私は考え方を変えました。時には、厳しく
時には一緒に働き、時には一緒に食事し(誘い)
時には打ち合わせをしてどうしたら良くなるのか
考え方を変えさせるようさせました。
働いてお金を貰う重みを分かってもらう為に
何が大切かを!!何回も説明しました。耳に
タコが出来る程、やっと1つ分かってくれました。
良いスタッフが居なければ会社は潰れてしまいます。私がこんな事言える立場では無いですが
私を指導してくれた方がいますから!
皆で良くして行かなくてはならないと
教えて続けます。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

copyright © 2017 セブ島通訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。